岐阜の塗装職人ブログ

窯業系サイディング用シーリング「オートンイクシード」岐阜 大野塗装

投稿日:2018.07.05 | コメントをどうぞ

「シーリング材」とは外壁材の目地に充填する「防水材」で、建物の水密性や気密性を保つことが目的となります

このところの外壁はほとんどが窯業系サイディングになっています

変成シリコンを使う塗装店が多いですが

大野塗装のオススメは

 

オート科学のオートンイクシード

変成シリコンではなく、ネオウレタンです

 

シーリング材の損傷の原因は?

シーリング材の劣化は

配合成分の可塑剤が無くなることでシーリングが硬くなったり痩せたりします

窯業系サイディングの伸縮や振動などの動きから起こるはく離、割れ、破断も起きます

また紫外線、酸性雨、熱によっても劣化してしまいます

 

変成シリコンより良い点は

 

密着性が良い

サイディングとの密着性と塗料の密着性に優れています。もちろん専用のプライマーを使うのが重要です

オートンイクシードの成分が含まれている専用プライマーを使わないと密着性が落ちてしまうので注意が必要です

 

伸縮性が抜群!

 

 

劣化・損傷に強いシーリング材

劣化現象が進行すると、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。長く継続させるには、劣化・損傷に強い「耐性」を持つシーリング材を使うことが重要です

 

長期耐久性とは

オートンイクシードは新開発LSポリマーにより、経年でなくなる可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を作り出し、硬化を起こりにくくして柔らかさを長期的に保持します

 

 

 

 

汚れ防止機能!

オートンイクシードは新しい汚れ防止成分CRオリゴマーによって、シーリング材にありがちな初期のベタツキを減し、シーリング材への汚れの付着を抑えることができます

どんなに良いシーリングを使ってもシーリングの厚みと幅を確保して施工しなければ15年の耐久性を保持できません。昔の窯業系サイディングの厚みが12ミリで凸凹のサイディングですと10ミリの厚みを確保できない場合もありますが、できれば最低でも10ミリの厚みと幅をもたせてシーリングをしましょう

 

欠点は

 

乾燥が遅いこと、でも乾燥が遅いのは施工面でのデメリットですので建物に対するデメリットではありません

材料費が高額。一般的な変成シリコンに比べるとオートンイクシードは施工費が高くなってしまいます

 

でもお勧めします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺